2014年12月03日

SHFビーコン情報(MLより転載)

5G F2ビーコンは当方が長野市で5年以上連続送信しております。
周波数は現在、5759.8MHz ±2KHz 程度におり、現在でも性能低下は無いと
思います。
下記参照
http://jh0yqp.org/exp/MAKE/5G_becon/ruz_08_03_02/5G_B_ruz.html
http://jh0yqp.org/exp/QSO/ido/2008/2008_03_16/5G_B_rcv08_03_16.html

善光寺平からの送信ですが、SSBモード等では関東平野(群馬・埼玉・千葉
・東京等)や新潟県〜山形県境、また3000m級のアルプス山脈を挟んだ北陸
までは受信できています。
群馬県からですと志賀高原〜菅平・浅間山方向にて受信されてみて下さい。
正常な無線設備であれば、50cm程度のパラボラでも、それなりに受信可能だと
思います。

特に、長野・群馬・新潟県境等に強い雨雲が有る場合は受信できる可能性大
と思われます。
但し水平方向ビームではなく、仰角が必要となるはずですので。

JA0RUZ 長野市固定 関崎
posted by 東京マイクロウェーブクラブ at 15:23| マイクロウェーブ